スポンサードリンク

2010年02月09日

ストレスと自律神経

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ >> ストレスと上手に付き合うサイトマップ
 
 >> 心の健康個別サイトマップ >> ストレスと上手に付き合うサイトマップ



ストレスと自律神経



 自律神経には
 @交感神経 と A副交感神経の
2系統があります。

  @とAの両者は互いに相反する様に働きます。
 詳細はこちら → 自律神経の役割


末梢血管は自律神経に覆われています。

例えば

1.ストレスが強い時


 交感神経が働き血管を狭め、血圧を上げる働きをします。      
  ・危険に遭遇した時、とっさに体を動かしたり
  ・全力疾走やボールを打つなど目標を獲得するには

 或いは
  ・寒さで体温が奪われない様、末梢血管を縮めて
  体温の放熱を防ぎます。(手足がかじかむ時)
 
 このように非常時の場合
  体を一時的にこのような状態にする必要があります。

 でもずっとこの状態が続くと
  胃の血管が狭まり血流が悪くなり胃の粘膜がただれ
   胃潰瘍になったりします。

         

2.リラックスした時


 副交感神経がはたらき
  血管が開いていて 血液がサラサラと流れます。


 このような状態では体が休まり
  自然治癒力が増し
   若さや健康、抜け毛や肌荒れを防ぐ事ができます。

3.ストレスとリラックス


 でも年中リラックスすていると
  いざというとき動作が鈍くなります。

 例えば乾布摩擦をした後体を温めると
  風邪をひきにくくなると言います。

 血管に弾力性を持たせ、
  若さや健康を保つ為には
   ストレスとリラックスが
   交互に起きる生活が望ましい様です。  


posted by 花翠 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。