スポンサードリンク

2010年02月09日

ストレスの測り方

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ >> ストレスと上手に付き合うサイトマップ 
 >> 心の健康個別サイトマップ >> ストレスと上手に付き合うサイトマップ



ストレスの測り方


 過剰なストレスが蓄積しているのに
  忙しくてそれに気がつかない事があります。
 慢性的なストレス蓄積をほおっておくと
  心身症や胃腸の疾患、躁鬱病のリスクが高まります。   
   ではどうやってストレスを測れば良いのでしょう。

1.ストレスの数値化


 残念ながら自分がどの位のストレスを貯め込んでいるか
  正確に測定する方法はありません。



2.ストレスの原因


 多くの研究者がストレスの原因として重要と認めているのが
 ・自分の意思に反する事を命じられる事
 ・プライドが傷つけられること
 ・親しい者の病気や死(勿論ペットも含みます)
 ・家族のいざこざ
 ・結婚や離婚
 ・お金の問題
 ・育児、教育の問題
 です。
  これは数値化できそうに見えます。
 例えは100万円の借金を負った人と
  一千万円の負債を負った場合とでは
   後者の方が10倍ストレスの原因が多いと言えそうです。
 ところが
  同じ様にお金が人でも
   100万円の借金で大きく落ち込む人がいれば
    一千万円の借金でも平気な人もいます。

 ストレスは心の問題でもありますので
  数値化は困難です。

3.ストレスが健康に与える影響


 ストレスのたまる仕事と言えば
  看護師さん。
   患者相手に忙しい上に交代勤務があります。
 米国の調査で10万人の看護師さんの
  「仕事のきつさ」や「職場の雰囲気」
   と
  「乳がんの発生率」との関係を調査した結果が
   あるそうです。
    
  結果は「ストレスの程度と乳がん発生率とは無関係」
   看護師さんの仕事がきついから 
    皆が乳がんを発症している訳ではなさそうです。
  
  理由は未解明ですが
   仕事はきつくとも
    人間関係が良好であれば
     ストレスは少なく
   仕事は軽くても
    嫌な上司や先輩に仕切られていると
     ストレスは大きいものと推察できます。 






posted by 花翠 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレスとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。