スポンサードリンク

2010年02月09日

バスタイムでストレス解消

→ 戻る
 >> 体の健康個別サイトマップ >> ストレスと上手に付き合うサイトマップ 
 >> 心の健康個別サイトマップ >> ストレスと上手に付き合うサイトマップ



バスタイムでストレス解消


bayhtime.jpg

お風呂はただ体の汚れを洗い流すための時間ではありません。

心身をリラックスさせて
 ストレスを解消し、血行を良くして
  心身が安眠モードに入る前準備と考えましょう。

1.入浴前に水分補給


 入浴前にたっぷりと水分補給しましょう。
  汗を流すためです。
 出来ればアルカリイオン水か
  スポーツドリンクがお勧めです。

muibunhokyu_66.jpg


2.温めのお湯に長く浸かる


 36℃〜38℃の温め(ぬるめ)お湯に
  半身浴で浸かりましょう。
   肩までつかると長くはいられません。

  のぼせない様に気をつけて
   長めに入りましょう。
    20分から1時間位お湯に浸かります。

 長い時間入浴できない場合は、
  ペットボトルにお水を入れて
   入浴中に水を飲むとお湯に長いこと入っていられます。


3.炭酸のお湯に入る


 お湯に重曹(炭酸)を適量入れると、
  体中の血行が良くなります。
   これをやるととても安眠ができます。

 ・良く眠れない人、
 ・冷え性の人
 ・慢性疲労の人はお試し下さい。

   >> 日本酒風呂    
   血行を良くして 美肌を保つ効果が知られています。
 
  

4.入浴中に腹式呼吸


 入浴中にゆっくりと
  腹式呼吸を繰り返して下しさい。
   こちらも参照 → 腹式呼吸



5.頭皮のマッサージ


 更に頭皮をシャンプーしながらマッサージしましょう。
  ストレスが和らぎます。
   こちらもご参照 → 頭皮のマッサージ
massage_side_whiteback2.jpg


6.育毛シャンプー


 シャンプーの基本 を守って頭皮の毛穴を清潔に保てば
  さわやかな爽快感で心が元気になるだけでなく
   育毛効果も抜群です。
    いつまでも黒々とした元気な髪の毛を保てます。
 人によっては薄毛、脱毛、白髪がストレスになる
  場合もありますが、日々の先発で育毛しましょう。
  (シャンプーは自分の頭皮にあったものを選びましょう。
   脂性か乾燥肌、フケがよくでるでないで選んで下さい。)
   
   こちらもご参照 → シャンプーの基本

   mastershampoo1.gif

 

7.湯あがりに乾布摩擦


 ぬれタオルを冷水に浸して
  固くしぼります。

 冷たいタオルで体じゅうを吹きます。
  血管が引き締まり、
   寒い日でも体から熱が逃げない体質になります。
 こうすると寝冷えで睡眠不足になりにくくなります。  

 






posted by 花翠 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ストレス解消 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。